2022年12月26日

【KATO様】PCフレキシブルレール発売!【天啓】

221226_kato-flexible-rail3.jpg
<KATO NゲージPCフレキシブルレールが出荷!>


予約していた製品が入荷したようなので、買いに行きました。
KATOのPCフレキシブルレールです。

自室に構築中のNゲージレイアウトがあるのですが、単線かつPC枕木にしたいと思い、トミックスのレールを使用していました。
バラストを撒けば一気に完成が近づく!と言う辺りまで作業したのですが、どのバラストを使うか検討する段階でレールを良く見てみると、枕木の形状が気に入らなくなってきました。レール外側の枕木のはみ出しが、トミックスの単線PC枕木レールだと短いのです。



221226_kato-flexible-rail2.jpg
<KATOのPC枕木レールとトミックスのPC枕木レール>


枕木のバランスが気になっていたところに、KATOからPC枕木仕様のフレキシブルレールの予定品ポスターが出たのです。これは天啓だと思いました。予約しました。こういう地味な分野にもメーカーがちゃんと目を向けてくれているという事も嬉しくなりましたね。


それにしても予定品ポスターを天啓として受け取るとはKATO信者の鑑なのではないでしょうかw



221226_kato-flexible-rail1.jpg
ついに発売されたKATOのPC枕木フレキシブルレール。筆者の経験値で使いこなせるか微妙なところですが、なんとか敷設をやり遂げたいところです。


posted by hermitagezawa0 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Nゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月12日

TOMIX ホキ800【Nゲージ】

tomix2777_hoki800a.jpg
バラストを載せたホキ800・トミックス2777

ここしばらく、トミックスのNゲージ・ホキ800をいじっていました。ロッド類の追加とホッパ内のビームの追加と塗装をしました。楽勝だろうと思っていましたが、製品自体が複雑な構造で意外と面倒でした。製品が複雑な構造と言っても悪い意味ではなく、独特の形態を持つ実車をうまく模型化していると感心しました。付属しないパーツの取り付け穴が存在してる部分もあったりします。もしかしたら製品設計段階では更なる付属パーツの構想があったのでは???などと空想してしまいます。

ホッパ部のビーム(梁)は0、5ミリ真鍮線を使用しました。ホッパ内部を赤茶色に塗るだけですごく雰囲気が良くなりました。積荷の砂利も作ってみました。t0、3プラ板に模型用バラストを固着してみました。ですが製作中に予想していた通り、ホッパのビームがあるためわずかに乗っかる程度が限界で、隙間は見えるしすぐズレるしで、正直微妙な感じです。良い方法を思いついたら積荷は作り直したいところです。


ホキ800といえばトミックスから新仕様の製品が今月発売の予定。品番2777とは異なるTR225台車が付くそうです。台車だけ購入できないかなぁ。この製品、「タイプ」と謳っていますが、どこが違うのかわかりません。
ホキ800JR東日本仕様販売|鉄道コム


tomix2777_hoki800b.jpg
ホッパ内部の追加塗装が効果的なトミックス・ホキ800

画像背後に見える貨車はおそらく20年近く前にこしらえたもの。チキはリメイクしたいと思っています。
posted by hermitagezawa0 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Nゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月27日

トミックス485系1500番代

tomix92878__485-1500_005.JPG
<TOMIX92878 485系T18編成>

以前から欲しかった485系1500番代のNゲージ。
はつかり仕様のセットが出るようなので買おうかと思っていました。ですがモハの一部がキノコクーラーの初期車になっているようで、筆者が実際に見たことのある編成とは大分印象が違う事に気付きました。そんな時にトミックスT18編成の旧製品の中古を見つけたので、お迎えしてしまいました。



トミックスの485系1500番代はつかり|鉄道コム
ネットショップの在庫状況が見られる。
予約し忘れてた製品を探す場合など使えるかも知れない。



購入したものは旧製品と言ってもトミックスのHG仕様で、新型モーターに変わる前のロット・品番92878。そんなに古いものではありません。モーターの寿命だけが心配ではありますがw
中古でしたが付属品は未開封で使用感の無い品物でした。とりあえず、特急シンボルマーク・ホイッスル・トイレタンクをつけて運転してみました。


t.jpgomix_485-1500_008.jpg
特急シンボルマークは予備が無く、切り出し失敗しないかヒヤヒヤでした。両面テープで保持してボディに取り付け。


t.jpgomix_485-1500_009.jpg
トイレタンクは色入れしてみました。トイレタンクは白っぽいタンクがなんと無く汚れている感じのつもりで、手持ちのグンゼ(クレオス)の「タン」を塗ってみました。


tomix92878__485-1500_004.JPG
tomix92878__485-1500_003.JPG
特急色のクリームとタンがこんなに似ているとは今まで気づきませんでしたw
タンクまで特急色に見えてくる、、、
特急色クリームの代用に使えるかも??
いずれ床下に汚しを拭く時にでもタンクの色を再考しようと思います。

tomix92878__485-1500_002.JPG
トレインマークは北越といなほが付属。トレインマークはクリアパーツに印刷されていますが、ライト点灯時も違和感がなくて感心しました!


tomix92878__485-1500_001.JPG
トミックスの旧モーターHG485系T18編成(92878)


posted by hermitagezawa0 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Nゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月08日

GMクモヤ145ボディキット発売される

greenmaxクモヤ145ボディキット
<グリーンマックス・クモヤ145のボディキット>

最近出荷されたGMのクモヤ145のボディキットを購入してしまいました。
首都圏ではクモヤ143の方が馴染みがありますが、クモヤ145も少数配置がありました。

クモヤサンドのマヤ検とか配給を以前からNゲージでやってみたかったのです。


小学5年の時、林間学校で東京の御嶽山に1泊しました。御嶽駅で青梅線下り電車から降りたときに、クモヤサンドのマヤ検が上り線を通過していった、という出来事がありました。当時は事業用車の知識などほとんどありませんでしたが、電車好きの男の子にとっては非常に印象的な瞬間でした。


この製品はボディキットとしての発売で、床板や台車パンタなどは別売り。
ボディキットが税込4400円に対し、別売りの「床下台車セット」は動力・ライトユニット無しで同5280円となかなかのお値段。
床板や台車、パンタは手持ちパーツでなんとかするつもりで、今回はボディキットのみ購入してきました。



greenmaxクモヤ145ボディキット
前面の黄色部分はキットの状態で黄色でした。
屋根は黒整形でした。ここは灰色でも良かった気もします、、、


greenmaxクモヤ145ボディキット
窓枠の銀は塗装済み。これはありがたい。
ライトレンズは前面ガラスと一緒になっていました。

greenmaxクモヤ145ボディキット
この2両セットにはクモヤ145の0番代、100番台のボディが1両分ずつ入っています。
1セットで仕様の異なる2両が作れるのはワクワクします。

作りやすそうなキットなので、仕舞い込まないうちになんとか竣工させたいもんです。
posted by hermitagezawa0 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Nゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月27日

KATO・Nゲージ24系25形富士で急行「銀河」を

67FC5B82-B447-4758-B8FC-442D572C3D5D.png
<KATO 24系25形富士編成と中古車>

カトーのNゲージ再生産24系富士が発売になりました。
24系は何編成か買いましたが、あけぼのや出雲・あさかぜなど金帯車が多く、ノーマルの銀帯24系25形は編成では持っていなかったので、今回導入しました。

購入したらやりたかったのが、急行「銀河」風の編成。しかし改めて調べるとA寝台車は銀帯のオロネ25ではなく白帯オロネ24だったのです。オロネ24は手持ちがありません。都合よく新品も売っていないので、この際中古でも良いと思い秋葉原で探して入手しました。

見つけたオロネ24はトミー製でした。編成に組んだ時、色合いなど差が有って変に目立ったら嫌だったのですが、それ程気になりませんでした。カプラーをなんとかして、急行銀河をやりたいと思います。


DB2E8C93-620D-4EFC-B57C-A6D8DB2E219A.png
奥が今回生産のカトー・オロネ25、個室A寝台車
手前がTOMIX・オロネ24、解放A寝台車
(生産時期は不明・前ユーザーの手でKATOカプラー装備)
オロネ24は解放式で2段寝台なので、側面窓の上に上段寝台の小窓があります。

D7C70308-C983-472D-91D1-9E6AD4548B4B.png
24系富士のブックケースに紛れ込んだオロネ24








なお、本文中で何度も「オロネ24」と書きましたが、実は、大きな声では言えませんが、中古でもオロネ24を見つける事が出来ず、代わりに「オロネ14」を買ってしまいました。車体表記直すかどうか考え中ですw

posted by hermitagezawa0 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Nゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月27日

KATO・Nゲージ ワム80000リニューアル

1ヶ月ぶりの更新になりました。最近気になった話題はレイルマガジンの不定期ムック化とか伯備線やくもの新車投入と国鉄色復活あたりです。
ダイヤ改正も迫ってきました。

やくも国鉄特急色運転|鉄道コム


220226_wamu8_007.JPG
さて、もうひとつ気になったのはKATOのNゲージワム80000のリニューアル。Nゲージ製品のアップデートは嬉しいのですが、手持ちの製品は存在価値がなくなってしまうのが悩ましいのです。このKATOワムハチでちょっと思いついたことがあって試してみました。

KATOのワム80000と言えば巨大な車体が有名です。小さく見せる方法は無いかと思ったのです。車体を外してみると、車体側面裏の突起と床板が接触することにより車高が決まることがわかりました。ここを細工すると高さが下げられそうでした。床板の一部をヤスリで削って高さをさげてボディを組むと、少し車高を落とすことができました。

220226_wamu8_001.JPG
左が加工前、右が加工後。いずれもリニューアル前の製品

220226_wamu8_009.JPG
床板パーツの一部、車体裏突起と当たる場所をヤスリで加工。

220226_wamu8_002.JPG
左から、加工前、今回加工例、トミックス製品
高さはだいぶ低くなった。車体が下がった分、軸受けや床下機器は少し埋もれてしまう。

220226_wamu8_003.JPG
妻面を並べる
左から加工前、加工後、トミックス車

220226_wamu8_004.JPG
上から見る
車体長はKATOもTOMIXもほぼ変わらない

220226_wamu8_006.JPG
画像2両目が今回加工例、4両目がトミックス車。1、3、5両目はカトーの加工前(リニューアル前製品)
こう見ると、車体裾が下がっているのが目立ちます。腰高気味の車両と編成を組むと、車高の差が目立つかもしれない。

220226_wamu8_005.JPG
左から加工前、KATOのED75旧製品、今回加工例
ぱっと見の巨大感はある程度抑えられたと思う。


220226_wamu8_008.JPG
簡単な加工ながら小さく「見せる」効果はありそう。呑みながら、youtube見ながらでもできる加工なので、残りの車両もやってみようかな。各車両の車高が狂わないような策が必要かな。
この製品は側面裏の突起と爪で床板を固定する構造です。今回の加工を行うと床板の位置が固定されなくなり、多少上下に動くようになります。車高を1ミリ下げると、1ミリ分の「遊び」ができるのです。ですが床板と車体との間に適度に摩擦力があるので走行中に車体が浮き上がったりすることはほぼ無いと思います。
このKATOのワム80000はエアブラシ購入時にウェザリングの練習をした思い出の車両なので、引き続き運用していこうかと思います。


posted by hermitagezawa0 at 01:01| Comment(0) | Nゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月23日

津川洋行・ソフト君Nで動力車をクリーニング

津川ソフト君Nで動力車クリーニング
<津川洋行ソフト君NとカトーEF66>

以前から気になっていたアイテム、「津川洋行ソフト君N」を試してみました。
実験台となったのはKATOのEF66。動輪がえぐい汚れ方をして、とても手作業でクリーニングする気になれなかったのです。どうしてこのEF66だけこんな濃い汚れが点々と出来てしまったのか不思議なくらいでした、、、無事集電が改善すれば良いのですが、、、


津川ソフト君Nで動力車クリーニング
津川洋行ソフト君N。導線の先にはクリップが付いている仕様。詳しい説明書も付属。


津川ソフト君Nで動力車クリーニング
パワーパックと接続して電源ON。動輪が回ると車両が「走行」してしまうので、実際には指で支えながら使用します。
パワーパックジュニアは大昔のトータルセット・キャリング130に入っていたもの。久しぶりに通電しました。



ソフト君N使用前後の動輪。使用前はこびりついた汚れが点々と、、、フライホイールのおかげで、超高速走行ならなんとかなりますが、リアルなスケールスピードでは、頻繁に停止してしまう状態でした。
津川ソフト君Nで動力車クリーニング
津川ソフト君Nで動力車クリーニング

予想したほど簡単には汚れが落ちませんでしたが、しつこくやるうちにだいぶ綺麗になりました。新品同様のピカピカにするのは困難かもしれない。たださしあたり通電状況の改善にはなりました。スケールスピードを意識した走行もかなり安定感が出ました。


津川ソフト君Nで動力車クリーニング
たまたま線路に乗っていたトワイライトエクスプレス24系と組んで試運転。とりあえずソフト君Nの効果は確認できました。今後も動力車の整備に使用してみようと思います。



鉄道コム
posted by hermitagezawa0 at 07:00| Comment(0) | Nゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

KATO EF64 1次型

201129_kato_EF64_3.jpg
<フルリニューアルしたKATOのNゲージEF64>


阪急で脱線事故がありました。当該はよりによってclassic8000装飾の8000Fで驚きました。
事故原因はサイドブレーキのゆるい車が無人で踏切に入ってしまったとかで、なにそれ?!と思ったのでした。
阪急は事故後わずか数日で8002Fを新たにclassic8000装飾に変更して運用にいれてくれました。
この阪急のすみやかな対応、感激です!

阪急8002編成classic8000装飾|鉄道コム



さて以前から欲しいと思っていたEF64 0番代のNゲージがKATOから最新の仕様で発売されました。
EF64はぜひ重連にしたいと思い、2両お迎えしました。

KATO 公式サイト

低速での走行も安定していて、ライトの色も理想的。
買ってよかった!
2両の動力の調子もぴったりで重連も安心でした。


201129_kato_EF64_1.jpg
以前中央西線でEF64 0番代牽引のゆとりを撮ったことがあり、お気に入りの組み合わせです。
画像の模型はサロンエクスプレス東京ですが、、、



201129_kato_EF64_2.jpg
簡単に見えて意外と撮影が面倒だったw1枚
自分の運転環境では、常点灯ができず、ライト点灯と同時かそれより早く走行開始してしまいます。
それでもライト点灯で撮りたいため、三脚で置きピンしてまるで実車撮影みたいに走らせながら撮影しました。
被写界深度が浅いので、何回もやりなおしでしたw



201129_kato_EF64_4.jpg
かつて中央東線の石和温泉までセメント輸送があったそうです。
ネットで画像を検索するとEF64 0番代重連がセメント貨車を牽引していました。
こんな列車、見てみたかった、、、




posted by hermitagezawa0 at 07:00| Comment(0) | Nゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

KATOから木造駅舎がラインナップ

181230_shiotsu-station1.jpg
<中央東線の四方津駅>

KATOの新製品ポスター画像をネットで見ました。思わず「おぉ!これは!」と驚いてしまいました。ポスターに中央東線の四方津駅が出ていたのです。そうか、あの駅が製品化されるのか。と一瞬早とちりしましたが、画像はあくまでもイメージであり、製品化のモデルは「国鉄標準規格の小さな駅舎」だそうです。トミックスの木造駅舎と印象が似ていますが、駅の出入口あたりの形状が違っていて、KATOのスタイルの方がどこにでもありそうな感じがします。どうせならもっとトミックスと傾向の違う駅舎にすればいいのにとも思うのですが、「国鉄標準規格」というプロトタイプがあるということなので、それにあわせたのでしょう。トミックスの木造駅舎も窓のあたりがKATOと似ているので、もしかしたらトミックスのも国鉄標準規格を基本にしているのかも??駅舎のホーム側は両メーカーでだいぶ印象が変わりそうです。


KATO公式ページ
https://www.katomodels.com/



181230_shiotsu-station2.jpg
列車撮影で何度か下車したことのある四方津駅


鉄道コム
鉄道趣味の情報収集に鉄道コム
posted by hermitagezawa0 at 16:47| Comment(0) | Nゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

Nゲージの棚卸し!?

200427_ngauge-parts.jpg
<欲しいものが見つからないNゲージパーツ群>

外出自粛のおかげで在宅時間が増えました。今日は自宅から配8791レを見かけましたが、牽引機EF65PFの後ろにヨ8000が2両連なっていました。そういえば前日の配8592レにもヨヨが付いていたので、予想できたはずなんですが、まったく油断しておりました。

さて在宅時間で何か工作でもしようかと思ったのですが、使いたいパーツがどこにあるのかわからんのです。自分なにりまとめていたつもりだったのですが、画像のような有様でして、、、工作の前にパーツ類の整理・棚卸しをした方が良さそうです、、、
posted by hermitagezawa0 at 19:38| Comment(0) | Nゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事