2022年10月01日

<鉄道150年>京浜東北線・ラッピング車登場

221001a.jpg
<E233系サイ147 シュローダー鉄道開業150年車両広告>

京浜東北・根岸線で10月2日よりラッピング電車が走るそうです。
150年前、明治時代の日本の鉄道建設時に資金調達のため発行された国債の主幹事を務めた「シュローダー」という会社のラッピングです。


221001b.jpg
シュローダーのサイトを見ると、明治時代の日本とシュローダーの関わりを紹介する記事も出ています。
ラッピング車の運転は10月16日までだそうです。

シュローダーのリリース


シュローダー・鉄道開業150周年特設サイト


C370B299-BB79-49AD-874A-430FCD5E19C7.jpeg
2D90FCD6-5D8A-4754-B84A-3463422D1B4D.png
サイ147編成のラッピング


国債といえば、人類史上稀に見るパーフェクトゲームと言われる「日本海海戦」などで知られる明治の日露戦争の時にも極東の小国・日本の国債を買ってくれた人がいたそうで、金融も馬鹿にできないなと改めて思いました。




鉄道コム
posted by hermitagezawa0 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | JR東日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事