2019年10月13日

台風19号、東日本を直撃

巨大な台風19号が本州に上陸しました。鉄道の被害で特に目立ったものは長野新幹線車両センターの浸水ではないでしょうか。E7系W7系が合わせて10編成120両が床上くらいまで浸水しました。報道で良く出る画像では7編成が並んでいる画像がありますが、画像によって車両の位置がずれています。もしかしたら泥水に押されて流されているのかもしれません。最悪廃車の可能性もあるという報道もあります。新幹線は趣味の対象として以上に実用的な必要性もあり、なんとか被災前の運行体制を取り戻して欲しいものです。

全て調べ上げたわけではないですが、他にも色々被害が出ています。
・箱根登山鉄道 橋梁流出
・阿武隈急行 あぶくま駅土砂流入
・しなの鉄道 線路上の高架道路が崩落
・飯山線 立ケ花駅付近水没
・横須賀線武蔵小杉駅 駅構内が浸水により損傷、復旧まで電車は通過扱い
・上田電鉄 橋梁流出
・中央東線 四方津〜梁川間土砂流入
残念ながらまだまだあるはずです、、、

上田電鉄別所線は別所温泉に行きがてら乗り鉄してみたいと以前から思っていました。
復旧したら行ってみようかな。


台風接近中の鉄道運行情報の確認にはやはり鉄道コムの運行情報サイト更新状況が結構便利でした。


台風が接近し首都圏の鉄道が次々店じまいしていた12日午後、筆者は仕事のため東京・港区にいました。
すまほで運行情報を見ながら移動を試みました。
ゆりかもめが14時以降運休という情報を得て、間に合いそうだったので駅に向かいました。ところが私が乗らないといけない電車は13時40分頃に出た後だったのでした。そのかわり逆方面の電車はまだ2本ほど残っていました。こういう時は油断せず早めの行動をしないと行けませんね。地下鉄のしぶとさも改めて痛感しました。
posted by hermitagezawa0 at 21:17| Comment(0) | 鉄道の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事