2018年08月31日

マイクロエース・701系出荷!

マイクロエースA4940、701系1000番代
<A4940 701系1000番代盛岡色>

発売の遅れていたマイクロエースの701系が出荷されました。上野発上越線経由のカシオペア(クルーズ?!)が発車した8月30日に通販店から手元に届きました!風呂上り、缶ビール片手に、わくわくしながら開封です!


クモハ701-1008とクハ700-1008の2両セット
クハの車端部はトイレ付き
クモハ701は屋上配管までプラ成型で再現
マイクロエースA4940、701系1000番代
<A4940 701系1000番代盛岡色>


マイクロエースA4940、701系1000番代
屋上の抵抗器も再現。外観上目立つ部品であり701系の特徴でもあったのですが、実車では撤去されているようです。
クーラーはAU710と言う型式ですが、AU75Gそっくりです。旧国鉄からのつながりを感じさせる部分です。


マイクロエースA4940、701系1000番代
製品には増結用カプラーとステッカーが付属。ステッカーの行き先の最北は八戸でした。個人的には青森も欲しかったです。
クモハの信号炎管が曲がって付いていたので、このあと治しました。マイクロ製品はたまにアンテナ類が曲がって付いていることがあります。


マイクロエースA4940、701系1000番代
増結用カプラーはTNカプラー式マウントで、伸縮式でアーノルドカプラーと言うもの。筆者が今まで買って来た中では、伸縮式アーノルドと言うのは初めてです。アーノルドのゆるい連結で、ちゃんと首を振って伸縮するのか謎です。


マイクロエースA4940、701系1000番代
ダミーカプラーが少し曲がって付いているように見えたので、分解して調整しようと思ったら、スカートがすっ飛んでいってしまいました!さっそく壊したか!?と思ったのですが、セーフでした。スカートはその形状から、左右2ピースに分かれていて、分解時には外れやすい構造でした。


車内はロングシートを再現。欲を言えば、座席袖仕切りの形状を実車どおり、上端を斜めに仕上げて欲しかったです、、、
マイクロエースA4940、701系1000番代


ちなみにこの模型。予約するかどうか迷っているうちに、よく使う店舗の予約が満杯で打ち切られてしまい、今回は有名通販店で購入。入手できてホットしました。
マイクロエースA4940、701系1000番代
<A4940 701系1000番代盛岡色>


予約投稿を7:01にセットして寝ることにします、、、


鉄道ブログランキング
鉄道コム
posted by hermitagezawa0 at 07:00| Comment(0) | Nゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事