2018年02月17日

京成上野駅の固定式のホーム柵

 久し振りに京成上野駅を利用しました。今まで気付きませんでしたが、以前は無かったホーム柵が設置されていました。2017年10月頃には出来上がっていたようです。


IMG_0719.PNG
京成上野駅に出来た柵と3500形更新車


スカイライナー対応だと思うのですが、柵の間隔が疎らな感じに見えてしまいました。ドア間に柵がない場所もあるくらいでした。ドア位置が多数あると柵の設置も難しいのだと思います。京成上野は2面4線あるので、スカイライナー専用ホームを決められればとも思いましたが、それこそダイヤに縛りができて難しいのかも知れません、、、


IMG_0720.PNG
場所によっては柵の間隔が広いが、
奥の方ではかなり密に設置されている


まだ未完成なのかな?とも思ったのですが、京成のリリースには2017年10月10日より全番線で供用開始とあるので、この姿が最終形態と思われます。



そして、「京成上野」「柵」で検索すると、柵で感電する!?と言う謎の情報がすぐにヒットします。なぜこんな事になっているのかわからないのですが、柵には白いビニールテープ?が巻き付けられていました。京成の公式リリースの画像を見ると白いテープ貼られていませんので、柵の完成後少し経過してからテープを追加したと思われます。

柵で感電するんでしょうか、、、静電気でパチッとでもなるんでしょうか。不思議な話です、、、


IMG_0721.PNG
京成上野駅で発車を待つうすい行き3500形更新車
柵があっても前面が撮影できました。
posted by hermitagezawa0 at 00:20| Comment(0) | 民鉄・公営ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事