2023年01月19日

DE10がEF510 501を救援

100114_EF510-501kyuuenn3.jpg
<DE10 1752に救援されるEF510 501>
2010年1月撮影


西武鉄道にぶどう色の電車が出るそうです。西武創立110周年を記念して2000系の1編成を塗り替えるそうです。西武2000系と言えば旧2000系の前パンが好きでした。失礼ながらナウイ感じは受けませんでしたが、質実剛健な雰囲気がカッコよかったのです。


西武2000系創立110年記念トレイン|鉄道コム


ところで先日カシオペア紀行の牽引機故障にともなう救援がありました。救援なんて撮った事ないやと思っていましたが、昔の撮影データを見ていたら撮っていました。JR東日本のEF510 500番代導入時の常磐線試運転です。2010年1月14日の事でした。試運転中のEF510 501が不調を起こし、後続の貨物列車に推進され藤代駅中線に収容、その後救援のDE10の牽引で田端に向かったようです。筆者は貨物列車による推進は見ていませんが、ネットを検索すると先日不具合の出たEF81 98牽引のコンテナ貨物に推進されたようです。先日のカシオペア紀行で走行不能となった81です。98号機はJR東日本の車籍ですが、貨物の運用の代走は当時存在しました。EF65 501の貨物牽引なんてのもありました。





100114_EF510-501kyuuenn2.jpg
救援機はDE10 1752号機。藤代駅でEF510 501に連結されるあたりを撮影していました。夕暮れ時にDE10が中線に入線してEF510 501に連結されました。救援は目出度いことではないですが、常磐線の付近の区間は一時運転を見合わせていました。筆者がどうやって藤代に辿り着いたかが謎なのです。



100114_EF510-501kyuuenn1.jpg
藤代駅に到着した救援機DE10 1752
試運転中だったEF510 501は足回りまでピカピカです。




posted by hermitagezawa0 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 国鉄型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月17日

<Nゲージ>KATO電気機関車のカプラー交換<EF81>

kato3066-2_EF81twilight3.jpg
<最近導入したKATOのEF81トワイライト色>


トワイライトエクスプレス色のEF81を最近導入しました。今まではトワイライト色のEF65しかなかったので、「特別なトワイライトエクスプレス」しか出来ませんでしたが、これで日本海縦貫線のトワイライトエクスプレスとして遊べるようになります。

導入したのはKATOの3066−2。開封してナンバープレート類を取り付けて、カプラーを付属のナックルカプラーに変えました。ところが、カプラーの構造が筆者が非常に苦手としているタイプで、うわぁまたこれかぁと思ってしまいました。スカートのカプラー下部がつながっていまして、カプラー交換でスノープローを戻す時に上手くやらないとカプラー復元用の板バネを曲げてしまうのです。

今回も2枚のうち1枚はゆがんでしまいました。ですが、少し楽な組み立て方に気付きました。
板バネを外した状態で組んでしまい、後から板バネを差し込むのです。これはこれで板バネを変形させてしまう恐れがあることには変わりませんが、板バネをスノープローに載せたまま組むよりは安全でした。些細な事ですがNゲージスキルが少し上がった気がしますw



kato3066-2_EF81twilight1.jpg
筆者が苦手なカプラー構造。板バネを曲げてしまいがち。

kato3066-2_EF81twilight2.jpg
板バネだけ後から取り付けると、多少やりやすい事を発見。
クリアケースから取り出したウレタンの上に車体を寝かせて作業してます。


kato3066-2_EF81twilight5.jpg
KATOのEF81とTOMIXのEF65

kato3066-2_EF81twilight4.jpg
クイックヘッドマークの切り取りも難しい、というか下手くそすぎる。
ナンバープレートみたいにアンダーゲート見たいな形状に出来ないものでしょうか、、、
ヘッドマークの縁を白塗料でタッチアップしてみようかな。


ところで、筆者が以前買ったトワイライトエクスプレスの24系はトミックス車でした。EF81をTNカプラーにするか、客車をKATOナックルに変えるかしないといけないような気がします、、、KATOナックルとTNカプラーは無理矢理連結すれば繋がるのですが、いかにもカプラーに負荷がかかりそうで、おっかないのです。



posted by hermitagezawa0 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Nゲージ TNカプラーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月16日

カシオペア紀行の返却に救援機

230111cassipeia_EF81_004.JPG
<EF81 139が救援したカシオペア紀行返却>


鮮度落ちですが、せっかく撮影したので、、、

1月8日発の常磐線経由・昼行仙台行きカシオペア紀行の返却で牽引機の不具合があったようで、9日中の返却が大幅に遅れ、10日に帰京しました。本来の牽引機はEF81 98。台車から火花を飛ばしている画像がネットにでていました。一部では線路際の枯れ草に引火したようです。空気が乾燥しているとすぐ燃えてしまうんだなと思いました。

救援機はEF81 139。何時頃に上ってくるか気になっていたのですが、明るい時間帯の都心通過になりました。

ウラ電ことさいたま車両センター付近では。まさかの四季島との離合のシーンもありました。
そろそろカシオペア返却が来るかもとそわそわし始めると、下りと上りの湘南新宿ラインがほぼ同時に通過しました。湘南新宿ラインは被る可能性もあるので、上下まとめて先に通過してくれたのは有り難いと思っていました。ところが、上り湘南新宿ラインの隣の東北線下りにも列車の気配がありました。やった!被る可能性のある路線が全部ぬけた!と思ったのですが、その東北線下りが四季島でした。そして去ってゆく四季島の背後からカシオペア返却が見えてきました。あれ?やっぱり被っちゃった?と思ったら、ぎりぎり抜けてくれました。「並び」と呼ぶには四季島が遠すぎる気もしますが、とりあえずレアな瞬間が撮れました。心配なのはEF81 98の今後です。


カシオペア紀行は1月2月にも予定があるようです。
(鉄道コム)
1月27日発

2月12日発

いずれも仙台行きの日中運転、27日は常磐線経由、2月12日は東北線経由だそうです。




230111cassipeia_EF81_002.JPG
四季島と湘南新宿ラインの下りが通過

230111cassipeia_EF81_003.JPG
四季島に隠れて接近していたカシオペア返却救援


230111cassipeia_EF81_001.JPG
上の四季島画像を拡大すると、カシオペア編成の後部が写っていた。
カシオペアが15秒でも早かったら被られていた可能性大w



posted by hermitagezawa0 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜行列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月03日

651系「臨時」水上運転

230103_651kusatsu1.jpg
<臨時特急 水上92号 651系で運転>


651系が「臨時」幕?で走っているのを見かけまして、651系も先が長くなさそうなので撮っておこうかと思いました。
画像は水上92号。水上なら「水上」幕も撮りたかった気もしますが、とりあえず狙っていた「臨時」の表示は確保できました。
筆者が見た範囲では、臨時草津の前面LEDは草津表示でした。


特急水上運転|鉄道コム


筆者は185系の新特急谷川が好きでした。ですので谷川の愛称が水上に変わった時には、谷川のままで良いのに!!と思ったものでした。
651系1000番代引退前に651系谷川とかやって欲しいものです。もちろん185系でもw



最近の鉄道関係の話題でショックだったのはダイヤ改正後の一部列車の減便や減車。
山手線の品川〜渋谷〜池袋あたりは昼間でも混雑しているのに、コロナ禍が収まり鉄道利用も回復し始めるタイミングで減便とは、、、
山手線の減便と相殺する感じで、新宿折り返しの埼京線を大崎折り返しにしてくれたら埼玉県民としては感激するところです。埼玉県民が渋谷まで行く時は新宿折り返しの埼京線は存在しないのと同じなのでw新宿とか池袋みたいな混雑する駅で余分に乗り換えしたく無いですからね。
あかぎ・草津系統もE257系5連に置き換わるようす。JR東日本は「着席サービスを向上」と自社リリースに書いていますが、実質減車ですから残念です。利用状況を見て通勤時間帯のあかぎの一部を5+5の10連にしてくれるとかなら素晴らしいと思います。

posted by hermitagezawa0 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | JR東日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月01日

初詣ヘッドマークの阪急6300系

091230_hankyu6300a.jpg
<在りし日の阪急6300系>

新年おめでとうございます。

部屋のデジタル時計の日付が1.1になっていました。2023年になりました。
23.1.1の数字で阪急2300系を思い出しました。もしかしたら阪急の2311Fを撮影しているんでは無いかと思って探してみましたが、どうも2311Fは撮っていないようでした。

探したフォルダに懐かしい6300系の画像がありました。2009年暮れの撮影で、2010年の干支の虎をデザインした初詣ヘッドマークを掲げた姿でした。阪急6300系は昔、阪急京都線の沿線に住んでいた頃から大好きだった形式。京とれいんの運行からも撤退してしまい寂し限りです。阪急と言えば2024年から京都線に座席指定サービスが始まるようで、どのような形になるのかとても興味深いです。


阪急ダイヤ改正・2024年座席指定開始へ|鉄道コム


画像は曇ってしまったものを補正しています。晴れたり曇ったりして露出決定が難しい日だったように覚えています。以前使った画像の再掲になります。
posted by hermitagezawa0 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月26日

【KATO様】PCフレキシブルレール発売!【天啓】

221226_kato-flexible-rail3.jpg
<KATO NゲージPCフレキシブルレールが出荷!>


予約していた製品が入荷したようなので、買いに行きました。
KATOのPCフレキシブルレールです。

自室に構築中のNゲージレイアウトがあるのですが、単線かつPC枕木にしたいと思い、トミックスのレールを使用していました。
バラストを撒けば一気に完成が近づく!と言う辺りまで作業したのですが、どのバラストを使うか検討する段階でレールを良く見てみると、枕木の形状が気に入らなくなってきました。レール外側の枕木のはみ出しが、トミックスの単線PC枕木レールだと短いのです。



221226_kato-flexible-rail2.jpg
<KATOのPC枕木レールとトミックスのPC枕木レール>


枕木のバランスが気になっていたところに、KATOからPC枕木仕様のフレキシブルレールの予定品ポスターが出たのです。これは天啓だと思いました。予約しました。こういう地味な分野にもメーカーがちゃんと目を向けてくれているという事も嬉しくなりましたね。


それにしても予定品ポスターを天啓として受け取るとはKATO信者の鑑なのではないでしょうかw



221226_kato-flexible-rail1.jpg
ついに発売されたKATOのPC枕木フレキシブルレール。筆者の経験値で使いこなせるか微妙なところですが、なんとか敷設をやり遂げたいところです。


posted by hermitagezawa0 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Nゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月23日

KATO EF65 1019レインボー塗装

2022_12_23_EF65-1019d.jpg
<KATO EF65 1019号機>

いわゆるクリスマスが近いのでサンタクロース色の車両を、、、
と言う訳ではないのですが、最近KATOのNゲージ・EF65 1019号機レインボー塗装を入手しました。

筆者はEF65が好きでNゲージも何両か手元に置いてありますが、レインボー塗装機は買いそびれてしまっていまして、いつか入手したいと思っていました。それも1118号機でなく、PS17搭載で前面にルーバーがある1019号機が希望だったのです。

そしたら中古ショップに1019号機が並んでいるの見つけまして、お迎えしてしまいました。その店は鉄道模型専門店ではありませんでしたが、購入前に実際に手に取って状態を確認させてくれました。ナンバープレートは未使用で全般に使用感の少ない状態でした。

2022_12_23_EF65-1019a.jpg
<KATOのEF65 1019号機とレインボー14・12系客車>


帰宅して早速運転してみたところ走行やライト点灯も問題なく、安心しました。


2022_12_23_EF65-1019b.jpg
ナンバープレート未使用の中古
フライホイール搭載のNゲージ登場以前からやっている筆者としては十分新しい製品w
トミックスの常点灯パワーユニットで停止中もヘッドライト点灯できる時代の製品



2022_12_23_EF65-1019c.jpg
同じくKATOのEF81 95と重連

この品番3019−2で気になるところがいくつか。
レインボー塗装の車体裾の白線が実車と比べてなんとなく細く見える気がします。
前面ステップの高さの関係でやむなくこうなったのかも知れません、、、

さらには1エンドの前面下部にあるはずのジャンパ栓受けがありませんw
スカートのジャンパ栓も足りません。
特急色PFの3019−1では1エンド前面下部のジャンパ栓受けは表現されています。
付け加えると、3019−1では車体裾のエンド表記がありますが、レインボー塗装の3019−2では省かれています。
まさか、栓受けを省いた関係でエンド表記まで省いたとか???

このレインボー塗装機3019−2。
もしかしたら、結構割り切った商品企画だったのかも知れない、、、などと思ってしまいました。


2022_12_23_EF65-1019e.jpg
自分がNゲージを増やし始めた頃に買えなかった製品を手にできて満足してますし、
実車写真や他製品と見比べるのはこの辺でやめておきますw

posted by hermitagezawa0 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | EF65 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月21日

あさひがわ駅

9D67506F-9833-477E-A9CC-C9D14C050F4D.jpeg
時々気晴らしに古い時刻表をめくっているのですが、とある駅のふりがなに目が留まりました。

北海道の旭川駅です。
画像の2冊の時刻表のうち左の古い方は1983年のものですが、旭川の読みが「あさひがわ」となっています。今までずっと「あさひかわ」と思っていました。

いや、もしかしてと思ってもう少し新しい時刻表を見てみると「あさひかわ」となっていました。あさひかわで間違いではありませんでした。

15C1DBB0-D7D2-4F56-AD03-98CEBEDFB55E.jpeg
1983年の時刻表、読みは「あさひがわ」


簡単にググって見ましたが、旭川駅の読みは開業時にはあさひかわ。その後あさひがわに変更されて、後年またあさひかわに変わったそうです。こんな事もあるんですね。

DB0F1382-60B6-4E78-A9D1-64FCDA513D02.jpeg
2009年の時刻表では「あさひかわ」


旭川駅といえば、昔富良野線に乗り換える時に、やたら広い駅構内の外れの方に富良野線ホームがポツリと存在していたのが印象的でした。鉄道最盛期には貨車や機関車がたむろしていたんだろうなと思いました。

posted by hermitagezawa0 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月09日

BECK'Sコーヒーの回数券

7BE6CAC6-4D29-4CE7-B1DE-52B32EFD281D.jpeg
電車デザインの回数券綴り

アポの待ち時間に駅のコーヒー屋に入りました。
鉄道開業150周年にちなんだデザインのドリンク回数券が売られていました。
下からもぎるタイプのデザイン。昔の鉄道の回数券のデザインを思い出してしまう、懐かしい仕組みみたいです。

筆者は小学生の頃、スイミングスクールに通う際に回数券で南武線を利用していました。
初めの頃は、切り離し無効のタイプの11枚綴り、その後切り離しても有効の11枚綴りに変わったように思います。

画像は公式サイトのスクショです。

posted by hermitagezawa0 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月15日

カシオペア紀行にEF81 95登板

221015_EF81-95_cassiopeia.jpg
<EF81 95牽引・カシオペア紀行返却>

鉄道の日・10月14日上野発のカシオペア紀行にEF81 95が充当されました。
虹ガマのカシオペアは久しぶりに見た気がしました。

下りは撮り損なったので、返却をむりやり撮りました。
流し撮り上手くなりたいなぁ、、、
返却の首都圏通過が夜になって、撮り方が限られますが、夜汽車にふさわしい雰囲気の写真を撮ろうとするなら、むしろチャンスが増えたのかも!?会心の一撃みたいな作品を残したいもんです。
posted by hermitagezawa0 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜行列車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事